近年では電気自動車として違うタイプの車も出てきてますが、一般の車はガソリンを燃料として動いています。

そしてそれはガソリンを燃やしてそれをエンジンとしての動力源にしているという仕組みになっています。しかしかといってそのまま燃やし続ければ当然熱が篭り、爆発を起こしてしまいます。

そうならないわように冷却水でエンジンを冷やします。この冷却水が入っているのがウォーターポンプであり、これ自体もエンジンの力によって冷却水を循環させています。この循環させる仕組みとしてはベルト駆動で羽を回して行っているため、ベルトがなんらかの原因で作動しなくなってしまうと当然冷却水も循環させられません。そうなるとエンジンが熱を収めることができずにオーバーヒートを起こしてしまいます。オーバーヒートはエンジンにもダメージを与えている状態であり、放置するとエンジンが壊れてしまう場合があります。こうなる原因としてはベルトの異常以外にもなんからの原因で冷却水が機能していないということもあります。なので普段から点検をして一定の期間ごとに交換をしましょう。そしてもし発生してしまった場合には素人で対応するのは非常に危険も伴うので素直に専門の業者へと依頼しましょう。