車を運転されている方でパネル内にある水温計を普段から注意を払い、こまめにチェックされている方はとても少なく、エンジン本体が異常なほどに高温になってしまい致命的なダメージを受けてしまいます。

まだ水温計が普段より少し高くなった初期の段階で気付くことができたら車が走行不能になる前に対処することができますので水温計のこまめなチェックは予防法で大事な事の1つです。またリザーバータンクの中に入っている冷却水の量が規定の範囲内にあるかどうかを確認することも必要でタンク内の冷却水が減っている場合は補充をするのですが、冷却水が極端に減っている場合は漏れている可能性がとても高いので専門の業者に観て貰うことが必要となります。その他ラジエーター内の冷却水のチェックも必要でこれを確認する時には必ずエンジン本体が冷えている状態で行うことが必要となり、冷却水が減っている場合はラジエーターキャップの不具合や液漏れなどが発生している可能性があります。その他、停めてある車の下部や下回りを目視して冷却水が漏れていないかを確認し、下回りに液だまりが発生している場合は整備工場で見てもらいます。このように確認をこまめに行うことがオーバーヒートの予防策につながります。