車のオーバーヒートの原因にはさまざまといえます。このようなことが実際におこることはあまりないといえます。そのためそのような不具合がおこっても案外なかなか気がつくのが遅くなることが多いといえます。特に走り続けているときはなおさら不具合がおこっていることがわかりにくいといえます。

例えば原因として、ラジエーターに穴があいてそこから冷却液が漏れたとします。ラジエーターは高温になり、蒸気のようなものが発生します。しかし車がはしっているときはそのような蒸気にきがつかないのです。

車が停車して初めてボンネットのすきまから激しく蒸気がでてきていることに運転者は気がつくというようなことになります。車の表示パネルが不具合がおこっていることを表示していることにすぐに気がつかないことが多いといえます。普段から自動車の表示パネルは何を表示しているか正しく理解しておくことは大事なことといえます。メーターとかボンネットからの蒸気から不具合に気がついたときは、すぐに冷却水を追加するような行動をとることが必要となります。もちろんガソリンスタンドとか車の整備できる場所があればすぐに車をそこに持ち込むことが必要です。あまり高温状態で長時間エンジンを動かすとエンジン自体、使い物にならなくなってしまうこともあるのです。