車のエンジンはエンジンオイルが入っており、メンテナンスのひとつになっています。
エンジンの血液と言われるように内部を循環し様々な役目を担っています。
エンジンはシリンダー内にあるピストンが上下運動をして空気とガソリンを圧縮し爆発させて動いています。

そのピストンが上下運動をするところにオイルが皮膜を作って摩擦を軽減しています。
またオイルはエンジン内部を循環して冷却する役目もあります。
このようにオイルはエンジンを守っているのですが、オイルは劣化したり量が減ったりしますので、定期的に確認し交換するなどのメンテナンスが必要となります。
やはりオイルは汚れてきます、また酸化することでオイルの粘度が増してきます。
そうなるとエンジンに負荷がかかりパワーが出なくなったり、燃費が悪くなったります。
またそのまま乗り続けると今度は徐々にオイルの量も減ってきます。
そうなると十分にエンジン内部を循環できなくなり熱をもってしまいオーバーヒートの原因にもなります。

このようなことにならないようオイルの量や汚れを確認し、定期的にオイルを交換するようにします。
一般的には5000キロ程度で交換するのが望ましく、定期的に交換することでこのようなトラブルを防ぐことができます。