» オーバーヒートの要因のブログ記事

車のエンジンはエンジンオイルが入っており、メンテナンスのひとつになっています。
エンジンの血液と言われるように内部を循環し様々な役目を担っています。
エンジンはシリンダー内にあるピストンが上下運動をして空気とガソリンを圧縮し爆発させて動いています。

そのピストンが上下運動をするところにオイルが皮膜を作って摩擦を軽減しています。
またオイルはエンジン内部を循環して冷却する役目もあります。
このようにオイルはエンジンを守っているのですが、オイルは劣化したり量が減ったりしますので、定期的に確認し交換するなどのメンテナンスが必要となります。
やはりオイルは汚れてきます、また酸化することでオイルの粘度が増してきます。
そうなるとエンジンに負荷がかかりパワーが出なくなったり、燃費が悪くなったります。
またそのまま乗り続けると今度は徐々にオイルの量も減ってきます。
そうなると十分にエンジン内部を循環できなくなり熱をもってしまいオーバーヒートの原因にもなります。

このようなことにならないようオイルの量や汚れを確認し、定期的にオイルを交換するようにします。
一般的には5000キロ程度で交換するのが望ましく、定期的に交換することでこのようなトラブルを防ぐことができます。

私たちが普段当たり前のように乗っている自動車ですが、便利で高性能に作られているだけに複雑になっています。特にエンジンの内部などは非常に精密に作られており、性能を維持するためにはメンテナンスも欠かせません。

ところがメンテナンスをするためには最低限の知識も必要ですし、作業の内容によっては危険を伴うこともあり、簡単には行きません。そんな中で特に重要なメンテナンスが冷却液のチェックです。エンジンはガソリンが燃焼し、エネルギーを作り出していますが、同時に大量の熱も発しています。そして熱量があまりに多いと放熱が追いつかなくなり、エンジンの内部の異常燃焼につながる恐れがあります。

そこでエチレングリコールを主成分とする添加剤が含まれた冷却するための油脂がエンジンの内部を循環し一定の温度以上にエンジンの内部、及びその周辺がならないように保ってくれるようになっています。

オーバーヒートを予防するためには上記の冷却水を定期的に量、汚れのチェックをし、必要に応じて交換をすることで自動車の故障のリスクを大幅に下げることができるのです。

万一オーバーヒートをしてしまったら、非常に高額な修理が待っていまるうえにその後もなかなかコンディションが元に戻りにくいこともあります。

???? Vol.6 ????????現在の車は、冷却系統の信頼性が向上して、オーバーヒートをほとんど起こさなくなりました。以前は、夏にエアコンを稼動させて、渋滞に遭ってしまうと、あっと言う間に水温が上昇してしまいました。そのオーバーヒートの兆候を事前に察知する為に、水温計のチェックをこまめに行ったものです。

その頃は、実際の水温にリニアに表示は追従していました。しかし、針の動きが敏感過ぎた為に、一部のユーザーから不安の声が寄せられるようになりました。するとメーカーは、暖気完了後に、実際の水温が変化しても、オーバーヒートの心配がない範囲ならば、針はほとんど動かさないように設定しました。オーバーヒートの兆候が見られたときには、表示をH側に大きく動かして、運転者へ警告するようにしました。

最近の車では、針指式による表示そのものが廃止されて、水温が低い場合は青い警告灯、高い場合は赤い警告灯をそれぞれ表示させる方式が主流となっています。コストダウンの影響でもありますが、それだけ信頼性が向上したとも言えます。それでも、針やデジタルでの水温を確認した人は、故障診断コネクターへ接続して、車両の情報を表示するマルチメーターを装着して、確認を行っています。

車を運転されている方でパネル内にある水温計を普段から注意を払い、こまめにチェックされている方はとても少なく、エンジン本体が異常なほどに高温になってしまい致命的なダメージを受けてしまいます。

まだ水温計が普段より少し高くなった初期の段階で気付くことができたら車が走行不能になる前に対処することができますので水温計のこまめなチェックは予防法で大事な事の1つです。またリザーバータンクの中に入っている冷却水の量が規定の範囲内にあるかどうかを確認することも必要でタンク内の冷却水が減っている場合は補充をするのですが、冷却水が極端に減っている場合は漏れている可能性がとても高いので専門の業者に観て貰うことが必要となります。その他ラジエーター内の冷却水のチェックも必要でこれを確認する時には必ずエンジン本体が冷えている状態で行うことが必要となり、冷却水が減っている場合はラジエーターキャップの不具合や液漏れなどが発生している可能性があります。その他、停めてある車の下部や下回りを目視して冷却水が漏れていないかを確認し、下回りに液だまりが発生している場合は整備工場で見てもらいます。このように確認をこまめに行うことがオーバーヒートの予防策につながります。

人間は暑い時は暑くなりすぎないように、寒いときは体を暑くして温度が下がらないように体温調整をする機能が働いています。

そして車も正にそれと同じような温度調整をする機能がついており、それがサーモスタットと呼ばれるものです。といっても実はこの機能は車に限らず家電にもついているものであり、こちらも一定の温度まで行くと設定されている温度まで下げるための動作をし、逆に一定の温度まで下がると温度を上げるために作動をするといった具合になってます。車の場合にはエンジン内が高熱になりすぎないようにすることと、エンジンを暖める働きをしています。

具体的には冷却水の動きを左右してそれで温度調整をしているといった感じになっています。そしてその調整の温度計としてサーモメーターというものがあり、これを目安として温度が調整されています。さて、となるとこれらが正常に作動しなくなったらどうなるでしょうか。そうなると根本的に機能が壊れている場合には開閉が作動しなくなり、暑くなっても冷却水が送り込まれないか、または常に冷却水が送り込まれてオーバーヒートとは逆のオーバークールになることもあります。サーモメーターの場合には温度調整が上手くいかないということで、高温になっても冷却水を送るという判断ができないようになり、その結果エンジンに熱が溜まってオーバーヒートになってしまいます。


車のエンジンの熱の放出の為に、ラジエターが装備されています。車の全部に装着されて、走行風で熱交換を行いますが、停止中では風が入ってこない為に、ラジエターとエンジンの間には、冷却用電動ファンが必ず装備されています。エンジンが縦置きされている車なら、クランクシャフトにファンが直結されていて、エンジンの駆動と共にファンも回転します。FFの横置きエンジンの場合は、クランクシャフトが横向きの為に、電動ファンを装着します。大きな風量を確保する為にかなり大きなモーターが用いられています。その為にファンの駆動時にはバッテリーを消耗します。

また、エンジンの冷間時には、早く暖気を行う為にファンの作動を停止する車種もあります。ファンの駆動に関しては、水温を検知してON、OFFを行いますが、エンジンルームという、高温にさらされる設置場所の為に、サーモスタット、駆動用のリレーにトラブルが発生して、必要な場合にファンが駆動しい作動不要が発生してしまいます。

また、障害物に当たるとファンの回転を抑制するカップリングの伝達効率が下がってしまうと、ファンが正常な回転を行えない場合があります。電気的、物理的にもトラブル発生の可能性はあります。

近年では電気自動車として違うタイプの車も出てきてますが、一般の車はガソリンを燃料として動いています。

そしてそれはガソリンを燃やしてそれをエンジンとしての動力源にしているという仕組みになっています。しかしかといってそのまま燃やし続ければ当然熱が篭り、爆発を起こしてしまいます。

そうならないわように冷却水でエンジンを冷やします。この冷却水が入っているのがウォーターポンプであり、これ自体もエンジンの力によって冷却水を循環させています。この循環させる仕組みとしてはベルト駆動で羽を回して行っているため、ベルトがなんらかの原因で作動しなくなってしまうと当然冷却水も循環させられません。そうなるとエンジンが熱を収めることができずにオーバーヒートを起こしてしまいます。オーバーヒートはエンジンにもダメージを与えている状態であり、放置するとエンジンが壊れてしまう場合があります。こうなる原因としてはベルトの異常以外にもなんからの原因で冷却水が機能していないということもあります。なので普段から点検をして一定の期間ごとに交換をしましょう。そしてもし発生してしまった場合には素人で対応するのは非常に危険も伴うので素直に専門の業者へと依頼しましょう。

車の冷却系統にてトラブルが発生すると、オーバーヒートとなり走行不能となってしまいます。その原因として一番多いのがラジエターやホースからの冷却液の漏れです。ラジエターは、コアと呼ばれるフィンの中へクーラントを流して風による熱交換を行っています。そのクーラントの入口と出口部は樹脂製のタンクが多く採用されています。銅製のフィン部との熱膨張の違いから、樹脂部にクラックが入り、そこから液漏れを起こすことがあり、飛び石等による破損を除くと、ラジエターの交換の要因の一番となっています。

また、ラジエターとウオーターポンプ、エンジンブロックのそれぞれの接続は専用のホースを用いています。耐熱タイプなのですが、ゴム製なので、経年劣化により、接続部から液漏れを発症する場合があります。

物理的な破損もありますが、接続部へ固定するためのバンド付近からの液漏れが一番多いです。締め付け部周辺が膨張してしまい、しなやかさを失ったゴムの間からクーラントが漏れてしまいます。これらの液漏れは、最初は少量な事が多く、なかなか気が付きませんが、車の下に液体のシミがあったり、クーラントのリザーバータンクの液面レベルが下がっていたりした場合は注意が必要です。

車のオーバーヒートの原因にはさまざまといえます。このようなことが実際におこることはあまりないといえます。そのためそのような不具合がおこっても案外なかなか気がつくのが遅くなることが多いといえます。特に走り続けているときはなおさら不具合がおこっていることがわかりにくいといえます。

例えば原因として、ラジエーターに穴があいてそこから冷却液が漏れたとします。ラジエーターは高温になり、蒸気のようなものが発生します。しかし車がはしっているときはそのような蒸気にきがつかないのです。

車が停車して初めてボンネットのすきまから激しく蒸気がでてきていることに運転者は気がつくというようなことになります。車の表示パネルが不具合がおこっていることを表示していることにすぐに気がつかないことが多いといえます。普段から自動車の表示パネルは何を表示しているか正しく理解しておくことは大事なことといえます。メーターとかボンネットからの蒸気から不具合に気がついたときは、すぐに冷却水を追加するような行動をとることが必要となります。もちろんガソリンスタンドとか車の整備できる場所があればすぐに車をそこに持ち込むことが必要です。あまり高温状態で長時間エンジンを動かすとエンジン自体、使い物にならなくなってしまうこともあるのです。